北欧風の注文住宅とは?

自然的で木材を多く使用

日本では最近北欧風の家具が人気となっていますが、家具だけではなく住宅も北欧風にする人が増えています。北欧風の注文住宅の特徴の一つとして、自然的で温かみがあるということが挙げられます。北欧は厳しい自然環境の中で暮らさなければいけないため、住宅も居心地の良さを重視した造りになっています。そのため、温かみを感じることが出来る木材を多く使用した住宅が多いのです。この木材を多く利用した住宅というのは日本の伝統的な住宅と似通っているとことがあるため、日本人の感性と合うのが人気の理由でもあるのです。また、木材を多く使用するだけではなくデザインも自然や動物をモチーフにしたものが多く、異国風でありながらも温かみを感じることが出来るデザインが特徴的となっています。

寒さに強く日本の気候にも合う

日本は暖かい沖縄などの一部地域を除いて、冬になれば降雪も見られる厳しい寒さに悩まされることが多い国です。そんな日本の気候にも合うということで人気となっているのが北欧風の注文住宅です。北欧は日本と同じように森林に囲まれているだけではなく、冬場には厳しい寒さとも戦わなければならない地域です。そのため、断熱性と気密性の高い住宅が一般的となっており日本の気候にもぴったりの住宅となっているのです。断熱性と気密性は暖気を外に漏らさないだけではなく、冷気も家の中に閉じ込めておけるので暑い夏場の光熱費も抑えることが出来ます。また、北欧風の住宅は太陽光も効率よく取り入れることが出来るようになっており、家の中を自然光だけで明るくすることが出来るという特徴もあります。