モダン風の注文住宅を建ててみよう!

シンプルモダンは個性をどう表現するかがポイント

モダン風の注文住宅で人気が高いのは、シンプルモダンだと言われています。シンプルなデザインと構造が特徴で、複雑で華美な装飾を排除した外観はスタイリッシュな印象です。しかし、シンプルな分デザインが単純になりやすく、オリジナリティがなくなってしまうケースも少なくはありません。 オシャレなシンプルモダンにしたいなら、外壁のカラーリングや屋根の形状を考える必要があります。単色が味気なく感じるならツートンカラーを取り入れて色合いを明確に分ける、片流れの傾斜を付けた屋根であれば見栄えがする極端な角度を取り入れるなど、見ただけでインパクトがあるデザインを設計の段階で考案しましょう。間取りもモダンスタイルらしく直線を重視してシンプルに、LDKを吹き抜けにするなどをして単調にならない空間づくりが個性を強調します。

和モダンは住み心地も重視して

和モダンの家も人気が高く、日本家屋の良さと現代に合わせた住み心地の良さと、両方を兼ね備えている家に仕上げるのが理想的です。ただし、昔ながらの良さを追求しすぎて、住み始めてから後悔するケースも多くあります。 例えば、和モダンで取り入れたい障子やふすまですが、部屋と部屋を仕切る部分に設置してしまうとプライバシーが守られなくなってしまいがちです。和モダンなデザインの扉を取り入れるなどをして、スタイルを守りつつ各部屋の音漏れに配慮したつくりを考えましょう。和テイストに見せる土壁も和モダンの注文住宅で取り入れられる建材では人気があります。見ただけで高級感と和を感じさせますが、ひび割れしやすい性質があり繰り返しのメンテナンスが必要です。こまめなリフォームが必要だと知っておくのも大切でしょう。