注文住宅のメリットについて理解しよう

意向を設計に反映できる!

注文住宅のメリットとして、自分の意向を設計に反映できるという大きなポイントがあります。すでに家が完成している建売住宅の場合は、設計に口をはさむことはできません。まだ、この世に存在していない、新しい家をホームメーカーや設計者と一緒に作り上げることができます。また、好きな場所に家を建てられるというメリットもあります。建売住宅は家と土地がセットで売られているため、建売住宅のない場所には住むことができません。しかし注文住宅なら、住みたい場所に土地を購入して、その後、注文住宅を建てることができます。実家の家の横に土地を購入して、住みたい理想の家を建てることも可能ですし、憧れの土地の狭小地などを購入し、三階建ての家を建てることもできます。

家づくりの過程を見られる!

注文住宅を建てるメリットとして、家づくりの過程を見られるという良さがあります。設計段階から家づくりに携われる注文住宅は、更地の状態から、基礎工事の様子、家ができあがっていく様子を、現場で立ち会って眺めることができます。家づくりの過程を見ることで、家に愛着がわいてくるという施主の方が多いです。家が出来上がった後、その家を大切にしたいという愛情が家族に芽生えるという良さもあります。 また、注文住宅は、バスやキッチンなどこだわりたい場所を、自分好みにできるというメリットもあります。ジャグジー付きのお風呂や、足をのばせる広い浴槽、屋上から街並みを見下ろせるようなお風呂作りなども可能です。料理作りに集中できるキッチンや、子供の様子を見ながら料理ができるキッチンづくりも、注文住宅なら可能です。